世帯年収1700万円の不安「子ども3人。中学受験用の塾代が恐ろしいです」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

世帯年収1700万円の不安「子ども3人。中学受験用の塾代が恐ろしいです」

将来の教育費

将来の教育費

世帯年収1700万円で3人の子どもを育てる父親から、「将来の教育費」を不安に思っているという声がキャリコネニュースに届いた。

「外食ばかりなのでまったくお金はたまりません」

世帯年収1700万円、都内で3人の子どもを育てる父親(メーカー系/正社員)は「外食ばかりなのでまったくお金はたまりません。(子どもは)中学校から受験をしようとしているので、塾代が恐ろしいです」と胸の内を明かす。

中学受験の塾の費用は、月謝以外にもテキスト代や季節の特別講習などを入れると年間100万円近くにのぼることもある。3人ともなれば費用も莫大だろう。もちろん無事に合格すれば私立中学の費用がかかる。男性は「何かお金で困ること自体はないので、満足はしています」とも綴っているが……。

家計の現状を把握してシミュレーションを

ファイナンシャルプランナーの大野翠氏(芙蓉宅建FPオフィス代表)は、こう解説する。

<世帯年収1700万円であれば、年収制限に抵触するため児童手当などの子どもに関する助成制度は利用できないでしょう。そのため回答内容の通り、塾の費用など子ども関連費はすべて自己資金でカバーすることになります。現状、外食が多くてもお金に困ることはないということですが、子どもが3人いるということが気になります。

3人の子どもの年齢差にもよりますが、子ども同士が受験や入学の時期が重なる場合に備えて少しでも貯金など対策をとることをおすすめします。子どもひとりひとりの成長に合わせて、何年後にいくら必要になるのか、概算でよいので書き出してみましょう。もちろんパソコンで管理しても構いません。

金融広報中央委員会ではフリーで使えるライフプランシミュレーションがあります。(https://www.shiruporuto.jp/public/document/container/sindan/)年収や家族構成などを入力していくだけで、家計の現状をふまえたこれからの家計予測がわかります。

もっとシンプルな家計シミュレーションは金融庁ホームページでも公開されています。(https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/lifeplan_sim/index.html)これらを上手に活用し、早い段階で近い将来に発生する教育費に向けて備えることをおすすめします。>

—–

※キャリコネニュースでは世帯年収に関するアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/6FE3D7NZ

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ