年収1400~1600万円世帯のリアル「都内で家賃15万5000円、正直高い」「車は11年超のコンパクトカー」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

年収1400~1600万円世帯のリアル「都内で家賃15万5000円、正直高い」「車は11年超のコンパクトカー」

築30年なのに家賃15万5000円

築30年なのに家賃15万5000円

年収1500万円前後の人は、現在の収入や生活について、どう感じているのだろうか。都内に住む30代独身男性(金融・保険系)は、年収1400万円。キャリコネニュースに、

「残業も多く、心と身体を酷使しながら働いています。収入にはそれなりに満足しているものの、所詮は雇われの身なので税金に消えていきます」

という声を寄せている。

神奈川県の40代既婚男性は世帯年収1400万円。家族5人で持ち家のマンションに住んでおり、「妻が専業主婦で、子どもが4人います。住宅ローンは完済しているので、これからは教育費を調整しながら、割と穏やかな生活になりそうです」とコメント。ほかの声も見ていこう。(文:鹿賀大資)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「車は持たず、保険にも入っていません」

大阪府の40代女性(正社員)は、夫婦共働きで世帯年収1500万円。2人の子どもがいる。現在は総額7800万円のマイホーム購入を計画中で、「6000万円のペアローンを組む予定です」と明かす。

「2人ともフルタイム勤務なので、土日に必ず1~2回は外食に行きます。でもファミレスやチェーン店のお寿司屋さんなど、安いところで済ませています。車は現金一括で購入しており、住宅ローン以外の借金もないので、苦しくはありません。それでも贅沢三昧とはいかないです」

都内に住む30代既婚女性は、夫婦で賃貸マンションに住んでいる。自身はメーカー勤務で、世帯年収は1500万円だ。現在の住居は駅から徒歩10分の立地にあるが、築30年と古いため、月15万5000円の家賃に対して「高い!」と嘆く。生活状況については、

「格安スマホをはじめ、住居費を節約するなど、徹底的に固定費を削減。車は持たず、保険にも入っていません。それで貯蓄率50%強を保っています。とはいえ、人生を楽しむためのお金は削ってないので、税金以外の不満はありません」

と書いている。

「車を買い替えるとか、今から家を買うとかは無理」

「子ども2人の大学の学費で、貯金ができない状態」と語るのは、神奈川県に住む世帯年収1600万円の50代既婚男性だ。メーカーに勤めており、「昨年あたりから世帯年収1600万円になった」と打ち明ける。40代後半から昨年までは、世帯年収1000万円前後が続いていたそうだ。

「以前は余裕を感じたことはなかったが、今は余裕が出て来た感じがする。でも車を買い替えるとか、今から家を買うとかは無理。車は11年超のコンパクトカーで、賃貸暮らし。私立大学に通っていた上の子の子育てが終われば、負担も減るはずだと思っていた。しかし下の子が国立大学に通っていても、このありさま」

男性は「大学に行かせるだけでも大変。下の子は国立大学一択の状況だったので」と綴っている。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」自分の性別がマイナスになっていると感じたことなどのアンケートを募集しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収1300万円、30代男性の生活「持ち家を購入して以来、昼は弁当持参。週末の外食も1人1000円以下」
世帯年収400~600万円の生活「スーパーで半額惣菜、見切り品のお肉や野菜しか買えません」

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ