20代後半の女性、コロナ禍で手取り20万未満に 「大学時代の友達に給料を聞くと落ち込みます」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

20代後半の女性、コロナ禍で手取り20万未満に 「大学時代の友達に給料を聞くと落ち込みます」

画像はイメージ

キャリコネニュースのアンケートに、20代後半の未婚女性から「コロナによりボーナスカット、かつ減給で手取り20万以下となりました」という嘆きの声が届いた。神奈川県に住むこの女性は、月の手取り18万8000万円、年収およそ300万円だという。給与額を大学時代の友人と比べては、悲しんでいるそうだ。(文:okei)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「お金のことより、人生をかけてやりたい事について考えるようになった」

「大学時代の友達の給料を聞くと落ち込みます」と語る女性。

一時期は転職も考えたが、「職場の環境や福利厚生、仕事内容は全く文句がないので、給料さえ回復すればと待っています」「貯金は以前よりはできませんが、今までの貯金とやりくりで何とか生活しています」と当面、耐え忍ぶ方針だという。

女性は流通・小売の大手グループ企業で働いているそうだ。20代後半で仕事にも慣れてきたところで、給料が下がってしまうのは精神的にかなりの痛手だろうが……。

その胸中を、女性は前向きにこう綴っていた。

「贅沢はできませんが、最近はお金のことよりも、人生をかけてやりたい事について考えるようになりました。物を買って消費するよりも、勉強と経験を増やして満足したいと思っています」

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ