手取り17万円、30代契約社員の憂鬱「家賃と光熱費を払うとほとんど残りません」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

手取り17万円、30代契約社員の憂鬱「家賃と光熱費を払うとほとんど残りません」

画像はイメージ

「契約社員で時給制ですし、シフト制のため働いても働いても余裕はありません。高い税金を払い、手取り17万円。家賃・光熱費を払えばほとんど残らず、(生活費が)3万円ない状態で食べていかなければなりません。シフト制で時給1000円。ボーナスなんてありません」

こうこぼすのは、サービス系の会社に勤める30代後半の女性(広島県/未婚)だ。たしかに女性には、契約社員ならではの苦労がいろいろあるのだろう。ただ、家賃・光熱費だけで14万円以上かかっているのであれば、早急な家計の見直しを勧めたい。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「足りない生活費のためにキャッシングしてます」

「手取り16万円です」という別の30代後半の女性(大阪府/その他/契約社員/未婚)は、いよいよ首が回らない家計状況にまで追い込まれつつある。

「月3000円ほどの医療保険も、とうとう今年解約しました。何の保険にも入ってません。貯金もありません。むしろ足りない生活費のためにキャッシングしてます。困ってるのは、将来の見通しがまったく考えられないこと。会社のパワハラで精神科に通院してますが、そのお金も厳しいです。生きてるのがつらいですね」

キャッシングしなければ生活できないのは、かなりの緊急事態だ。こちらも生活の大幅な見直しが急務だが、本当に身動きが取れなくなる前に一度行政に相談したほうがいいかもしれない。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ