手取り17.8万円の20代女性「貯金をしつつ趣味や娯楽も充実させたいと思うと20万円は欲しい」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

手取り17.8万円の20代女性「貯金をしつつ趣味や娯楽も充実させたいと思うと20万円は欲しい」

画像はイメージ

キャリコネニュースでは手取り20万円以下の読者からの投稿を募っている。サービス系の会社で働く30代後半の女性(千葉県/正社員/既婚/子ども1人)は、「一部上場企業なので安定はしています」と言いつつ、

「手取り16万5000円。家賃、生活費を支払うとほとんど残りません。ベースアップは年間1万円程度」

と、現在の給料に不満を抱く。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「給料を設定してるお偉いさんにこの金額で1か月生活してみてほしい」

女性は、いかに生活にお金がかかるか、給料が足りないかについて、

「都会に勤務している同僚は『会社は一等地にあるので服にも気を遣いますし、ランチも高い』とぼやいています」

「いまどきの子どものゲーム機器なんかも高額になっているので、自分が楽しみを削るしかありません」

と力説。そのうえで、

「一度、給料を設定してるお偉いさんにこの金額で1か月生活してみてほしい。楽しみにまわすお金なんてありません」

と訴えた。では、どのくらいの給料が妥当なのか、女性の考えを聞いてみたいところだ。

「資格を取ったり、現状が変わったときに備える必要性は強く感じる」

パート勤務の20代後半女性(和歌山県/その他/未婚)の場合、

「手取り17万8000円。将来に備えて貯金をしつつ、趣味や娯楽も充実させたいと思うと、やはり手取り20万円は欲しいです」

と本音を吐露する。とはいえ、現在の勤め先はいいところも多くあるようで、

「上司や同僚の関係や仕事内容も含めて職場環境は悪くなく、賞与もわずかですが支給されます。給与以外にあまり不満はないです。ただ、資格を取ったり、現状が変わったときに備える必要性は強く感じています」

と綴っていた。給料以外に不満がないだけに、安易に転職を考えられないのが悩ましい。給与も仕事内容も職場環境も、すべてにおいて満足度の高い会社がたくさんあればいいのだが。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ