非常勤公務員の30代女性「ホワイトだけど手取り15.5万円。一人暮らしも結婚も老後も考えられません」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

非常勤公務員の30代女性「ホワイトだけど手取り15.5万円。一人暮らしも結婚も老後も考えられません」

画像イメージ

画像イメージ

1会計年度内の任期で勤務する、非常勤の地方公務員のことを“会計年度任用職員”という。地方市役所の会計年度任用職員として働く30代後半の女性(埼玉県/パート/未婚)は、

「比較的ホワイトな環境で仕事ができます。でも、手取りは月15万5000円ととても少ないですが……。こんな状態では一人暮らしも結婚も老後も考えられません」

と給与に不満を抱く。引き続き、この女性の投稿を紹介する。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/94ZJP3D8

「市役所以外でも就職はできますが、さらにブラックな環境の話しか聞きません」

「一応、専門の資格を活用して仕事をしています」と自信を漂わせる女性。正規職員になれれば今より待遇が良くなるかもしれないが、「年齢の関係で正規職員になることはできません」と語る。つまり、収入アップのためには転職するしかない。

しかし女性は、

「市役所以外でも資格を活かして就職はできますが、どこも今よりプラス5万円の月給をもらえるかどうか怪しいほど給料が低く、さらにブラックな環境の話しか聞きません。恐ろしくて仕事ができるような環境ではない職場もあるようです」

と言い、転職をためらっていた。

市役所以外の職場が必ずしもブラック企業であるとは限らないが、たまたま女性の周りには、まともな職場で働けている人がいなかったのかもしれない。女性は当分の間、非常勤職員を続けることになりそうだ。

それにしても“恐ろしくて仕事ができない環境”とは、一体どのようなものなのか気になる。情報源となった人の話を詳しく聞いてみたいものだ。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ