「前職では玄関先で倒れて震えて動けないことも」エンジニアから企画職に転職した30代男性 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

「前職では玄関先で倒れて震えて動けないことも」エンジニアから企画職に転職した30代男性

もうだめだ……

一つの企業に勤め上げ、骨を埋める時代は終わったのかもしれない。今や、キャリアアップや働きやすさを求めて転職をする人は珍しくなくなった。

都内に住むキャリコネニュース読者の20代女性は、情報サービス関連職から企画職への転職に成功。「前職よりも給与が100万円増加し、年収600万円に。業務上の裁量も増加しました」と喜ぶ。また、現在の職場については、

「前職と真逆。モチベーションやスキルの高い同僚と仕事ができています。あのまま前職を続けていたら、ほかの会社・業界では通用しない人材になっていたかもしれません。転職してよかったです」

と綴った。このようなうらやましい転職成功のエピソードは、他にも寄せられている。(文:福岡ちはや)

1年くらい働いてみて”こんなに楽に働いていいんだな”と思った

埼玉県の30代男性は、エンジニアから企画職への転職に成功した。男性にとって、前職の環境は余程ストレスフルだったらしく、

「転職直前はメンタルが結構キツく、玄関先で倒れたまま、震えて動けないことがあった」

と振り返る。しかし男性は、最終出社後の1か月の有休消化で健康を取り戻し、今の職場に就職することができた。

「1年くらい働いてみて『こんなに楽に働いていいんだな。給与も年収750万円で前と変わらないし』と思った。不満ゼロというわけではないが、キャリア的に先があると思えるし、転職成功と感じている」

“適材適所”という言葉があるように、自分に合う職場さえ見つかれば、ストレスを最小限に抑えながら働けるようだ。

「わからないことは、先輩や上司にすぐ聞けます。明るい自分になれて嬉しい」

新潟県の20代女性は、自らを「HSP基質です」と明かし、「騒音や周囲の視線、罵声などがとにかく気になってしまいます」と悩む。工業高校卒業後は、憧れていた製造業の会社に就職したものの、職場の環境に馴染めず「毎日泣きながら通勤していて、その結果、精神的に苦痛になり退職しました」と打ち明けた。女性は、

「今はパートで配送の仕事をしていて、年収150万円ほど。外に出れば1人で業務を行うことがほとんどだし、もともと車の運転が好きなので、前職と比べると楽しいです。1日中周囲に気を遣うこともありません」

と綴る。また、職場の雰囲気もよく、「わからないことは、先輩や上司にすぐ聞けます。前職より圧倒的に話しかけやすいです。明るい自分になれて嬉しい」と女性。

仕事を決める上で、給与や待遇はもちろん大事だ。しかし、読者の転職成功エピソードからは、職場環境や仕事内容の重要性が読み取れる。

※キャリコネニュースでは引き続き「転職失敗・成功エピソード」のほか部屋が汚い人、捨てられない人オンライン会議中のとんでもないエピソードなどのアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ