信じられない!完全アウトな面接官たち「柔道家?足がたくましい、スカートの方が絶対にいい」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

信じられない!完全アウトな面接官たち「柔道家?足がたくましい、スカートの方が絶対にいい」

スカートの方が良い?

スカートの方が良い?

当たり前だが、すべての面接官が良い人とは限らない。今回はキャリコネニュース読者から寄せられた「面接での信じられないエピソード」を紹介する。(文:谷城ヤエ)

※キャリコネニュースでは「面接での信じられないエピソード」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/74FZSHAJ

「適当にハイハイ笑顔で流していたら不採用になりました」

兵庫県の50代女性(サービス・販売・外食/個人事業主/年収300万円)から寄せられた「20代後半の頃」を振り返る投稿では

「母子家庭だったのですが、『子供の名前は?』と聞かれ答えると、『何でその名前を付けたのか?』と聞かれた。その時は何で子供の名前?と思って素直に答えましたが……後日不採用の連絡が早々に来ました。多分最初から採用する気は無く、取り敢えず形だけのおちょくった面接だったと思います」

と女性は怒りをにじませた。面接では仕事の能力に関係のないプライベートな質問をしてはいけないことになっているのだが……。面接官には、面接される側の気持ちを尊重してもらいたいものだ。

埼玉県の30代女性(事務・管理/正社員・職員/年収350万円)は

「たまたま足を負傷して、新卒採用の面接をスカートではなくパンツスーツで受けました。男性面接官に『柔道家?足がたくましい』と言われ、笑って聞き流すと『スカートの方が絶対にいい』と何度も執拗に言われました」

セクハラともとれる言動に、女性も呆れたことだろう。

「適当にハイハイ笑顔で流していたら不採用になりました」

と綴っていた。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ