「誰でもできる電話対応なのにわざわざ交代してくる」職場でストレスを感じる瞬間 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

「誰でもできる電話対応なのにわざわざ交代してくる」職場でストレスを感じる瞬間

イメージ画像

画像はイメージ

職場で感じるストレスには様々なものがある。キャリコネニュースが行うアンケートにも、沢山の「イライラ」エピソードが寄せられている。(文:草茅葉菜)

キャリコネニュースでは、「職場でストレスを感じる瞬間」をテーマにアンケートを行っています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/QN0WSPMQ

「間違っているなら、否定的な態度ではなくフォローをしてほしい」

東京都の30代女性(事務・管理/年収200万円)のストレスを感じることは、

「誰でもできる電話対応なのに『担当ですよね』とわざわざ交代させられた時。『それも担当の仕事?』と思う」

わざわざ電話を回されるとイラっとしてしまうのだろう。

また、青森県の40代男性(ITエンジニア、システム開発・SE・インフラ/年収400万円)は、

「改善点などで声を上げると、じゃあ、お前が、とブーメランが帰ってくる。結局、言わなきゃよかったと後悔する」

と綴る。良かれと思って発言しても、余計な仕事が増えてしまうのは確かにストレスだ。

北海道の40代男性(ITエンジニア、システム開発・SE・インフラ/年収700万円)は、

「WEB会議の時に、私が発言しているときに画面越しに首を振る姿」

がストレスになっているという。「間違っているなら、否定的な態度ではなくフォローをしてほしいところです」と切実な本音を明かした。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ