稼いでいるのに貧乏性な夫の生態「昼食は弁当持参。靴下は穴があいてボロボロになるまで使用」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

稼いでいるのに貧乏性な夫の生態「昼食は弁当持参。靴下は穴があいてボロボロになるまで使用」

画像はイメージ

画像はイメージ

お金持ちは、なぜお金持ちなのか?どうすればお金持ちになれるのか?それを知るには、お金持ちの行動を観察するのが一番かもしれない。

「夫は稼いでいるのに貧乏性です。夫を見ていて『お金持ちはこうやっているからお金が貯まるのか』と知りました」

こう綴るのは、福岡県の40代女性(専門職/コンサルタント・士業・金融・不動産/年収1500万円)。女性が明かす、“お金持ち&貧乏性夫”の驚きの生態を見てみよう。(文:福岡ちはや)

キャリコネニュースでは「お金はあるのに貧乏性の人」をテーマにアンケートを行っています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/PIXKF66W

「食べ放題の店に行くときはお腹を空かせて元を取る」

まず、女性の夫は「毎日昼食は必ず弁当持参」だという。お金に余裕があれば外食してできたての食事を楽しめるだろうに、なんて庶民的なのだろう。

このほか、女性は夫のこんな貧乏性エピソードを明かしている。

「下着や靴下は穴があいてボロボロになるまで使用し、スーパーで買い物するときも値段の安いものを選び、買い物中の休憩はデパートのラウンジで無料で済ませます」

「また、食べ放題の店に行くときはお腹を空かせて元を取るため、恐ろしくたくさん食べます」

“お金持ちは意外と貧相な見た目をしている”と聞いたことがあるが、当たっているのかもしれない。人目を気にせず穴のあいた靴下を履き、安物や無料のものを喜んで選べるようになれば、お金持ちに一歩近づけるかもしれない。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ