転職者の求めるもの1位「やりがい」、95%が回答 「年収アップ」「勤務条件の改善」を大幅に上回る結果に

リクルートキャリアは7月26日、転職活動者の仕事とプライベートの理想の在り方に関する調査結果を発表した。調査は今年3月に実施。同社運営「リクナビNEXT」の登録者で、今年3月に正社員または契約社員として働きながら転職活動を行っていた832人から回答を得た。

仕事とプライベートのバランスを聞くと、最も多かったのは「仕事とプライベートのバランスがとれている」(71.6%)。次いで「プライベートが中心」(18.8%)だが、「仕事が中心」という人も9.6%いた。仕事中心を男女別に見ると、男性(11%)が女性(5.6%)を上回った。

「転職者は仕事や成長に対する意欲が低いわけではありません」