まじかよ!社会保険未加入の職場「給料から天引きされても実際は…」「加入してと頼んでも”よくわからない”」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

まじかよ!社会保険未加入の職場「給料から天引きされても実際は…」「加入してと頼んでも”よくわからない”」

社会保険未加入の職場

社会保険未加入の職場

正規雇用で働く人からすれば、入社先は当然”各種保険完備”だと思っている人も少なくはない。会社が健康保険、厚生年金保険、労災保険、雇用保険に加入しており、従業員にはそれらの制度が適用されるということだ。条件を満たせばパートやアルバイトも対象となる。

しかし一部ブラック企業はそうした当たり前が通用しない。キャリコネニュース読者からは、

「残業代なし、社会保険未加入、給与明細見たことない」(30代男性/管理・事務職)
「タイムカードなし、早出・残業手当なし、人が少ないので有休もなし、ボーナスなし、社会保険もなし」(30代男性/販売・サービス職)

といった声が寄せられている。ブラック企業では、残業代未払いなどの違法行為が横行しているが、今回は”社会保険未加入”企業を経験のある人の声を紹介する。

社会保険加入を促されるも会社は「今回はやめておきます」

30代の管理・事務職の女性は、過去の勤務先で面接を受けた際、「健康保険も厚生年金も近いうちに加入する予定です」と説明を受けた。ところが、入社後にある光景を目の当たりにし、驚愕したという。

「役所の人が社会保険加入について訪問したときに事務の人が『今回はやめておきます』と追い返しているのを見て、ここヤバくね?と思いました。それから2年後に入社した新入社員にも、会社は同様の説明をしていました」

女性は新入社員に対し、「社会保険は2年前も加入予定と言っていたけど未加入なので、永遠に”予定”のままだと思いますよ」と言って退職したという。

社会保険への加入を拒む会社は、残念ながら他にもある。技術職の40代男性は、過去に勤めた会社で「社会保険に加入してほしい」と頼んでも「よくわからない」と言われ、保険関係は一切未加入だったという。

「施設長のお気に入りの社員のみ厚生年金や社会保険に加入」

保険料が給与から天引きされていたにも関わらず、実際には会社が未加入だったという声も寄せられた。

「入社したばかりのころ、妻の分の健康保険証が届かなかった。忘れていたらしく1か月間だけ国民年金にしてくれないかと言われた。ボーナスの明細には社会保険など引かれていたが、年金事務所に問い合わせてみると払われていないと言われた」(40代男性/技術職)
「厚生年金も失業保険も給与から天引きされていたが、支払われていなかった!」(50代女性/販売・サービス職)

中には「施設長のお気に入りの社員のみ厚生年金や社会保険に加入」(40代女性/販売・サービス職)という理不尽なものもあった。国民の生活を保障する社会制度を悪用するブラック企業には、早々に見切りをつけた方がいいのかもしれない。

※キャリコネニュースでは引き続き「ブラック企業経験談」「”自爆営業”エピソード」に関するアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ