“オタ活貧乏”でも幸せ! ラブライバーの30代男性「ツアー遠征に60万円、海外聖地巡礼で約50万円」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

“オタ活貧乏”でも幸せ! ラブライバーの30代男性「ツアー遠征に60万円、海外聖地巡礼で約50万円」

オタ活貧乏でも幸せ!

オタ活貧乏でも幸せ!

何かとストレスが溜まる現代社会。好きなものや趣味を持つことは心の支えになる。しかし、出費がかさみ"オタ活貧乏"に陥る人もいるようだ。キャリコネニュースの読者からも多数の投稿が寄せられている。

「K-POPは生きる糧」という東京都40代女性(Web・インターネット・ゲーム/年収1200万円)は「遠征のたびに50万円くらい飛んでいきます」と綴る。韓国アイドルオタクの長崎県30代女性(管理・事務職/年収350万円)は

「1か月で30万円使ったことがある。ライブのチケット代、遠征費用、宿泊代、抽選会のためのCD購入、発売時のCD購入、グッズ代。実際に抽選に当たって本人に会えた時は嬉しかった」

と書いている。

「毎回ライブの演出やMCが楽しいし、Aヲタと仲良くなれたのも嬉しい」

神奈川県30代男性(設備・交通・運輸/年収400万円)は男女ユニット・AAAのファンだ。デビュー前、ストリートで活躍している時から応援している。「今年はコロナ禍でそんなにないが、ライブ遠征交通費がかなりかかる」と国内アーティストでも交通費は馬鹿にならないとコメントしている。

「チケット費用、グッズ費用、ソロ活動もあればそれの分もあり、かなり掛かる。総額200~300万円くらい使ったと思います。ライブ遠征費用やファンクラブイベントが海外で開催した時はかなりかかりました」

それでも「毎回ライブの演出やMCが楽しいし、Aヲタと仲良くなれたのも嬉しい。ストレスが吹き飛ぶ。ファンクラブイベントだととにかくメンバーとの距離が近い!」と自身のオタ活に満足しているようだ。

「オタクのジャンルが変わってしまった今でも仲が良く、遊びに行ったりします。

イベントなどに参加していると、同じ趣味の人に出会い、生涯の友人となることもある。アニメや2.5次元舞台などが好きな東京都20代女性(ITエンジニア/年収350万円)も、

「普通に過ごしていたら絶対に友達にならなかったであろう年代の友達がたくさん出来た。オタクのジャンルが変わってしまった今でも親子ほど離れた友達と仲が良く、遊びに行ったりします。また同人誌を作成して自分で売って、その感想を貰えることがすごく嬉しい」

と語る。2.5次元舞台の地方公演に飛び回り、多いときは月20万円もつぎ込むこともあった。同人誌を読んだり作ったりするのも好きで、「これまでオタ活に使った総額は300万円くらい」だという。

東京都30代男性(ITエンジニア/年収700万円)は「ラブライブ!」を始めとするアニメやゲームオタクだ。

「全国ツアー10か所を遠征したときは、チケット代と交通費込で約50万円かかった。そもそもチケット申し込みのためのグッズ購入に別途10万円かかっている。ゲーム『ラブライブ!The School Idol Movie』のニューヨーク聖地巡礼には約50万円かかりました」

それでも「ハマって好きになったものを、イベントに参加してまた新しい一面や背景を知れてさらに好きになれる。その"好き"をイベントに参加した仲間と語り合って共有できるのが楽しい」と満足げだ。

※キャリコネニュースでは引き続き【アンケート】オタ活で貧乏な人【募集】仕事を即行で辞めた人に関するアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ