「お金がないから来ないんだ」と思われたくなくて見栄を張って毎日パチンコに…… 依存症の女性 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

「お金がないから来ないんだ」と思われたくなくて見栄を張って毎日パチンコに…… 依存症の女性

画像はイメージ

画像はイメージ

ギャンブルに一度ハマってしまうと抜け出すのはなかなかに困難であろう。何十年もの間、夢中になってしまう人もいるようで……。50代前半の女性(その他/正社員・職員/年収350万円)は「変なプライドがあり、毎日か一日置き」に通っていたという。一体どういうことだろうか。(文:真鍋リイサ)

「やめたいと思ってもやめれなかったのは、自分の弱さだ」

女性曰く、ギャンブルを始めてから30年間で500万円ほど負けているという。負けが続くとやめたいと思い「でも、また勝つんじゃないかと期待してしまう」という連続であるそうだ。

そのうえ一時期は毎日のように通っていたという。

「変なプライドがあり、毎日か一日置きくらいに行かないと『お金がないから来ないんだ』と常連客や店員に思われたくなくて、見栄を張り通った時もあった」

と語っている。見栄で通ってもいいことはないだろう。

40代前半の女性(流通・小売系/パート・アルバイト/年収250万円)は「20歳ぐらいの頃、彼氏に連れられて初めてパチンコを打ちました」と振り返る。これがきっかけでハマってしまったようだ。

「その時は勝ったか負けたか忘れましたが、台の挙動が面白くてだんだんと1人でも打ちに行くようになり、 かれこれパチンコ歴25年目突入です」

これまでに一体いくら使ってしまったのだろうか。女性がパチンコの収支をつけるようになったのは「30代後半から」だが「収支をつける前は年間100万は負けてる」と明かした。25年あまりでは相当な額をスっているのだろう。

「やめたいと思ってもやめれなかったのは、自分の弱さだ」

と締めくくった。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ