お弁当時間の「一口ちょうだい」で友人と絶縁した女性 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

お弁当時間の「一口ちょうだい」で友人と絶縁した女性

画像はイメージ

「一口ちょうだい、がイヤ」とネット上でしばしば話題になるが、その行動によって友人と疎遠になることもある。東京都に住む30代後半の女性(事務・管理/年収550万円)は、中学時代の思い出を振り返った。(文:谷城ヤエ)

キャリコネニュースでは「友人と絶縁したことある人」をテーマにアンケートを行っています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/LQ1RHMHG

「図々しさに嫌気がさし、どんどん受け入れがたくなり…」

中学2年生のとき、同じクラスのある女子生徒と仲良くなった女性。ところが、お弁当の時間にその友人がとる、ある行動が気になるようになった。

「その子がお弁当の時間になると、他の友人のお弁当やお菓子を必ず『一口ちょうだい』という子だった。私は元々同じ箸で間接キスになるようなことが嫌いであったため、少し気になっていた」

そのうえ、気になった理由は他にもあった。

「地元では少し裕福な人が行く学校であったため、生活に困窮していたとは思えず、図々しさに嫌気がさし、どんどん受け入れがたくなり疎遠になった」

嫌なものを無理に受け入れる必要はないだろう。女性は

「次の年にクラスが変わったことをきっかけに絶縁した」

と関係の終わりを綴った。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ