結婚相手に求める年収は1000万円「贅沢ではなく“普通の暮らし”ができたら良い」(30代女性) | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

結婚相手に求める年収は1000万円「贅沢ではなく“普通の暮らし”ができたら良い」(30代女性)

お金がないと気持ちに余裕もなくて、ギスギスした生活になる

お金がないと気持ちに余裕もなくて、ギスギスした生活になる

結婚相手に求める条件は、容姿・性格・年齢・家族関係など人によりさまざまだ。もちろん「経済力」も大切なポイントのひとつだろう。キャリコネニュース読者に「結婚相手に求める年収は?」というテーマでアンケートを募ったところ、

「贅沢ではなく普通の暮らしができたら良いです。お金がないと気持ちに余裕もなくて、ギスギスした生活になる」(兵庫県/30代女性/年収300万円)

という声が寄せられた。ちなみに女性が結婚相手に求める年収は1000万円で、自身の年収の3倍以上に及ぶ金額だ。確かに「年収1000万円」という響きには、金銭的な悩みとは縁遠いイメージがある。そのため「普通の暮らし」なら確実に手に入る気がするのかもしれない。

ほかにも「結婚相手に求める年収」について、興味深い声を紹介しよう。(文:大渕ともみ)

40代女性「世帯年収1000万円以下だと子どもにいろいろ我慢させることになる」

夫婦共働き世帯が珍しくない時代のためか、「世帯年収で1000万円以上」を家計収入の最低ラインに据える人が多いようだ。都内在住、年収600万円の30代女性は、

「都内で平均的な生活をするためには、年収1000万円は必要。自分も働けば世帯年収1000万円は確保できると思う。それ以下の世帯年収なら、郊外に引っ越す必要がある」

と考えている。女性の場合、年収400万円以上の男性と結婚すれば世帯年収1000万円を達成できる計算だ。しかし女性は「結婚相手の年収は700万円ほどがよい」と本音をこぼす。出産・育児で女性の収入が半減する可能性を考えれば、年収700万円ほどの相手が理想的と考えたのかもしれない。

千葉県に住む40代の女性も、世帯年収1000万円をひとつの目安として捉えている。結婚相手に求める年収は「650万円」といい、

「自分の年収を350万円として、世帯年収が1000万円になるから。このくらいの収入があれば、子どもの学費を準備できると思う。世帯年収1000万円以下だと子どもにいろいろ我慢させることになる」

と試算。夫婦2人暮らしを貫くのであればいざ知らず、結婚後に生まれるであろう「子どもの学費」に戦々恐々とする人は多いのかもしれない。

40代男性「自分の年収よりも低いと結婚してからの生活が厳しい」

「自分の年収以上」の稼ぎを結婚相手に求める声も多く見られる。年収1200万円を稼ぐ都内在住の40代女性は「結婚相手に求める年収は2000万円ほど」と答える。

「自分の年収を超えていないと、生活レベルを落とすことになりそうですし、金銭感覚も違って苦労しそうです」

富山県に住む年収450万円の40代男性も「自分の年収よりも低いと結婚してからの生活が厳しい。子どもが生まれれば、それなりに費用が増えるので」ときっぱり。

「現在の生活レベルを落としたくない」「自分以上に稼ぐ相手と結婚したい」という願望に男女は関係ないようだ。

確かに結婚相手の年収は軽視できないものだが、もしも「年収にこだわらず結婚したい」と思える相手が見つかれば、それはもっと幸せなことかもしれない。

※キャリコネニュースでは引き続き 「結婚相手に求める年収は?」「お酒の失敗エピソード」などのアンケートを実施しています。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ