新婚なのに不倫された30代女性「夫に触れられるのが気持ち悪い。もう一生信用する気はありません」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

新婚なのに不倫された30代女性「夫に触れられるのが気持ち悪い。もう一生信用する気はありません」

不倫経験談

不倫経験談

先日、お笑いコンビ「アンジャッシュ」渡部建さんの不倫が報じられた。レギュラー番組を多数抱え、MCも務める人気芸人とあって連日、ワイドショーやネットニュースなどで話題は持ち切りだ。

数年前には不倫をテーマにしたドラマが人気を博し、社会現象にもなった。当時、「周囲に不倫肯定派が結構いて驚いた」という人は少なくないはずだ。では、人はなぜ不倫に走るのだろうか。

キャリコネニュース読者からは、「趣味で知り合った相手と意気投合して」(40代男性/正社員)、「相手から誘ってきてズブズブと……」(50代男性/正社員)といった声が寄せられている。正社員の50代女性も、

「その時は単なる”ゲーム感覚”でしかなかった」

と自身の不倫経験を明かす。(文:鹿賀大資)

「その人と付き合うことで、”おいしいとこ取り”をしている気になっていた」

女性曰く、当時は「その人と付き合うことで、”おいしいとこ取り”をしている気になっていた」と振り返る。また不倫相手の「嫌な面や汚い部分を見ようとしなかった」という。

だが今となっては、たとえ不倫関係にあっても「お互いに日々を積み重ねていくことが大切」と持論を綴っている。熱に浮かされずに相手とちゃんと向き合い、それでも気持ちが変わらなければ真剣に向き合え、と自身を戒めているのかもしれない。

「不倫されたことがある」という声も相次いだ。

「教師である彼女が職場内で不倫していた。様子がおかしく携帯を確認して発覚。彼女に問い詰めたが、完全に開き直っており修復不能な状況だった」(30代男性/正社員)
「まさかの6股でした! 何で気付かなかったのか……。それまでは連絡を頻繁に取らなくても大丈夫だったんですけど、その一件以来、私の束縛がめちゃくちゃ激しくなったと思います」(20代女性/正社員)

入籍後、まだ浮気相手と続いていることが判明

派遣社員の30代女性が経験したケースは壮絶だ。当時の女性には、結婚を見据えた交際相手がいた。しかし彼は、女性を裏切って浮気をしていた。

「その時は、しらを切り通されました。でも私は彼を信じることにして入籍しました。なのにその3か月後、まだ不倫が続いていることが発覚しました」

夫は結婚後も”彼氏時代の名残”を清算していなかった。関係が終わっていなかったことに気づいたのは、2人目の子どもが1歳の頃だった。

「本当にショックで、うつ病になってしまいました。病気のせいもあり、当時の私はかなり荒れていました。子どもたちにも悪影響を及ぼすほどの状態でした」

女性の変わりようを察してか、「夫は今のところ改心しているようです」という。それでも女性が負った溝は深い。

「触れられるのが気持ち悪くて仕方ありません。もう一生信用する気はありません。子どもたちのために離婚はしていませんが……」

子はかすがいだが、女性の夫は首の皮一枚でつながったというところだろう。事態は修羅場と化しているが、果たして夫にその認識はあるのだろうか。

※キャリコネニュースでは引き続き「不倫したこと・されたことはありますか?」「年収と恋愛に関するアンケート」に関するアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ