世帯年収400~600万円で“親の援助ありき”という人の声「親が亡くなったら破綻する」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

世帯年収400~600万円で“親の援助ありき”という人の声「親が亡くなったら破綻する」

「何とか首の皮一枚の日々」という声

「何とか首の皮一枚の日々」という声

年収が400~600万円の世帯は、貧困家庭からは遠いイメージがある。しかし、その生活が厳しいと感じている人は多いようだ。

静岡県の50代男性は「生活していくのが大変です。親と同居したり、近場に住んだり、何かしらの援助を受けている人がうらやましい」(契約社員/世帯年収450万円)と綴る。

では、同年収世帯で親に援助を受ける人の声はどうだろうか。IT・通信系に勤務する都内の30代女性は、

「実家暮らしで生活基盤があるため、生活に困ることはない。金を使うことに制約はないが、そもそも使い道がない」

という。(文:鹿賀大資)

義父と同居しているが「貯金ができていないのが不安です」

事業を営む宮城県の30代女性は「両親からの支援もあるので不自由なく暮らしています」と明かす。また実家が世帯年収1500万円以上で「わりと裕福な家庭に育ちました」とつけ加える。

「今の生活は育った環境とそんなに変わりません。可もなく不可もなくという感じ。強いて言えば、当時のように海外旅行には行けていませんが」

サービス系勤務の北海道の50代女性は、夫側の実家で義父と同居している。義父の年金支給額が高いため救われているが、夫は金銭感覚がない。さらに将来的なビジョンも考えられないタイプのため「貯金ができていないのが不安です」とこぼしている。

流通・小売系の企業で働く千葉県の50代男性は、2人の子どもの教育資金に頭を抱える。子どもは国立大学と公立中学校に通っており「この収入ではまったくやっていけない。親の援助も長年受けているが、何とか首の皮一枚の日々」とのことだ。

「倹約家でも浪費家でもありませんが、お金に困ることはないです」

不動産業を営む大阪府の50代男性は、実家を相続し母と暮らすようになった。自身について「倹約家でも浪費家でもありません」と評する。

「地域に縁故や知人はなく、未婚なので子どももいません。つまり母以外に親しい人はいないため、ほとんど人付き合いがないのです。だから、お金に困ることはありません」

男性は税負担の大きさについても言及する。「もし仮に今の年収が半分になれば、翌年の税負担が重くなる。反対に年収が倍になっても税負担は増えてしまいますよね。いずれにせよ、暮らしぶりが上向くことはなさそうです」と控え気味だ。

ほかには、

「実家暮らしなのでやっていける。親が亡くなったら破綻する」(40代女性/東京都/サービス系)

といった声も寄せられている。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」「テレワークで快適なこと・つらいこと」などのアンケートを実施しています。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ