年収400~600万円、独身者の本音「年間貯蓄50万円。女性と付き合っても、相手からすれば結婚できないと思う」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

年収400~600万円、独身者の本音「年間貯蓄50万円。女性と付き合っても、相手からすれば結婚できないと思う」

「家族を養うことを想像したら恐ろしい」という声

「家族を養うことを想像したら恐ろしい」という声

世帯年収400~600万円の場合、意図して独身を貫く人が多いのだろうか。もちろん結婚して子どものいる人もいるが「1人では普通に暮らせるが、家族を持つのは難しい」(茨城県/30代男性/IT・通信系/年収450万円)という声もあり、結婚後の生活を不安視する独身者が多いのも事実だ。

では、年収400~600万円の独身者は余裕のある生活ができているのか、普段の暮らしぶりを見ていこう。(文:林加奈)

「少し切り詰めれば年間300万円の貯金が可能」

年収400~600万円の独身のキャリコネニュース読者からは「未婚だからこそ余裕がある」という回答が多く寄せられている。

「1人暮らしのため、生活は安定している。特に贅沢するわけでもないので、十分貯蓄していける」(千葉県/40代女性/不動産・建設系/年収500万円)
「独身1人暮らしのため、意識しなくても月10万円くらいは貯金できています」(千葉県/30代男性/IT・通信系/年収450万円)
「1人だから不自由はない。けど、家族を養うことを想像したら恐ろしい」(千葉県/40代男性/その他/年収600万円)

そのほか、三重県に住む30代の男性も現状に不満はないという。貯蓄について「無理な生活はしておらず、毎年200万円ほど貯めている。少し切り詰めれば、貯金300万円はいける」(年収550万円)と語っている。また「『4人家族では毎月カツカツの生活で、貯金も厳しい』という記事があるが、何に使っているのか内訳が気になる」と、結婚後の生活や家計のやりくりに関心を示している。

「趣味を持って人生を楽しむ余裕はない。結婚はできないだろう」という声も

日頃の生活に困らず貯蓄もできていれば、満足のいく生活ができそうだが「将来が不安だ」という声も見られた。都内の30代男性は「趣味を持って人生を楽しみたいが余裕はない。年間貯蓄は50万円程度。女性と付き合っても、相手からすれば結婚できないと思う」と、結婚をあきらめた様子だ。

IT・通信系企業に勤める都内在住の50代女性は、現在の年収が600万円。すでに両親は他界しており「自分の生活を支えることだけを考えると、まあ十分な収入ではある」というが、やはり老後への不安が残るようだ。

「親の存命中、徹底的に金銭的に頼られたので、貯金額が心もとない。定年退職後の生活に向けて、収入の割には地味な生活を送り、お金を残すようにしている」

と、独身でありながらもできるだけ節約を意識していることを打ち明けている。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」「ウーバーイーツ配達員をしている人」に関するアンケートを募集しています。

—–

【あわせて読みたい】
世帯年収1000万超の暮らし「レクサスは現金で一括購入」
年収800万円でも“子ども部屋おじさん”の40代男性
年収300万円の50代独身女性の叫び「政治家は底辺の生活を知らない」

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ