新型コロナで家計が……世帯年収400~600万円の窮状「月収半減+夏冬のボーナスも全カット。家賃すら払えない」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

新型コロナで家計が……世帯年収400~600万円の窮状「月収半減+夏冬のボーナスも全カット。家賃すら払えない」

「何か手立てを考えて動いてほしい」と嘆く声

「何か手立てを考えて動いてほしい」と嘆く声

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。影響は、家計にも及んでいる。「コロナの影響で夫のボーナスが半減しました」と話す世帯年収400~600万円のキャリコネニュース読者は、

「夫婦共働きで世帯年収450万円です。夫のみの収入で2人の子どもを養っています。以前は不満もありませんでしたが、これからはますます厳しくなりそうです。でも慎ましく仲良くやっていきたいと思っています」(神奈川県/30代女性)

と生活状況を明かす。(文:鹿賀大資)

「仕事はあるものの、価格破壊が起きている」

同じく世帯年収450万円で、都内に暮らす40代女性もその一人だ。

「以前は平均世帯年収程度でしたが、コロナで100万円ほどダウンしました」という女性は、子ども1人を養うシングルマザー。現在は、サービス系の会社に勤務している。

「外食は勤務中のランチくらい。2年前に購入した中古マンションのローンの支払いで、毎日毎月がギリギリの生活です。子どもは成長期で、服もすぐにサイズアウト。でも、なかなか新しい服を買えず困っています」

茨城県の30代女性は、子ども1人を含む3人家族で世帯年収550万円。新型コロナの影響で、やはり夫の月収が半減したという。トラックドライバーをする夫の状況に触れながら、逼迫する家計について明かす。

「辛うじて仕事はあるものの、コロナで騒ぎ始めてからずっと低迷しています。夏冬のボーナスも完全カットのため、支払いに追われて生活できません。それはおろか、家賃すら予定通り払えてない状態です」

「早々に再給付金の支給や税金免除など、何か手立てを考えて動いてほしい」

愛知県の40代女性は、夫と子ども3人の家族5人で暮らしている。夫婦共働きで世帯年収は500万円。自身は、サービス系のパートと育児を両立している。だが、緊急事態宣言の発令以降は「家計は傾く一方」と不満を募らせる。

「あの頃はマスクや消毒液などが高騰するなか、買うしかない状況でした。子どもの学校も休校になり、私も自宅にいなければならないのに、職場からは『休むなら休んで下さい』と。しかも会社から何の補償がある訳でもなく。特別給付金も、今までの生活の穴埋めにしか過ぎませんでした」

収入が減り続けるなか、借金だけがかさんでいったという。それでも生活をするためには、その上から借金をしてカバーするほかなかったとも明かす。女性は負のスパイラルに陥った現状から、

「高い税金払っているのに、国はどう考えているのか。もっと庶民の声に耳を傾けるべきだと思う。早々に再給付金の支給や税金免除など、何か手立てを考えて動いてほしい」

と訴えている。

※キャリコネニュースでは引き続き冬のボーナスが激減した人「お酒の失敗エピソード」などのアンケートを実施しています。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ