世帯年収400万円台のリアル「前日の残り物で作った弁当持参。作れないときはカップラーメン」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

世帯年収400万円台のリアル「前日の残り物で作った弁当持参。作れないときはカップラーメン」

世帯年収400万円台の人たちのリアルな生活感

世帯年収400万円台の人たちのリアルな生活感

「欲しいものを躊躇することなく手に入れられたらいいのに」という願望は、多くの人が持っているのではないだろうか。しかし年収400万円の30代後半男性は、キャリコネニュースに

「好きなものを大抵我慢している。車も10年乗っているので買い替えたいけど、無理」(福岡県/未婚/メーカー系)

と嘆きの声を寄せている。

愛知県に住む年収450万円の30代後半独身男性も「とりあえず不要なものは買わないように気をつけています」と慎ましい生活を送っているようだ。今回は世帯年収400万円台の人たちのリアルな生活感に迫ってみよう。(文:大渕ともみ)

「職場に持参するのは、前日の残り物で作ったお弁当」

埼玉県の40代後半女性は、2人の子どもを育てるシングルマザーだ。元夫から受け取る養育費を含め年収は400万円ほど。女性は「贅沢はしていません」と切り出し、

「職場に持参するのは、前日の残り物で作ったお弁当。お弁当を作らないときは、カップ麺で済ませています。自分も母子家庭育ちで貧乏暮らしが染み付いているので、そこまで『生活に困っている』という感覚はありません」

とリアルな生活感を明かした。現在の暮らしに不満はないものの「老後の備えがほとんどないので、子どもに迷惑をかけずにどうやって暮らしていくかが不安です」と子どもを思いやる母心にあふれた悩みを吐露している。

「トリプル副業をしています。贅沢しなけりゃ余裕で暮らせますね」

「『子どもが欲しい』とか『いい車が欲しい』とか言っていたら生きていけません」と語るのは、埼玉県に住む30代後半の独身男性。本業はサービス系の契約社員だが、ほかにも収入源があることを打ち明ける。

「トリプル副業をしています。平日は本業、土日祝日は副業、さらに空き時間に在宅でできる副業をやっています。本業がもう少し儲かるといいのですが、なかなかそこはシビア」

男性が本業と副業から得る年収は400万円ほどだという。かなり多忙な毎日のようだが、収入の柱が複数あることは精神的な支えになっているのだろう。「贅沢しなけりゃ余裕で暮らせますね」と充実感をにじませている。

ほかにも、

「自炊して外出はあまりしないようにしている」(神奈川県/30代後半女性/未婚/世帯年収400万円/メーカー)
「老後のための貯蓄ができない。レジャーなどは一切できない」(埼玉県/40代後半男性/既婚/世帯年収450万円/その他)

という声が寄せられている。未婚・既婚にかかわらず「贅沢はできない」というのが世帯年収400万円台のリアルなのかもしれない。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」「お酒の失敗エピソード」などのアンケートを実施しています。

—–

【あわせて読みたい】
世帯年収400~600万円の実情「昼食はカップ麺。毎月カツカツ」
年収350万円のアラフォー女性「職場で若手とユニクロ服が丸かぶり。『その年で安物しか着れない』とショックを受けてた」

【PR】注目情報

関連記事

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ