「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 “間引き運転”で露呈した政治家たちの「わかってない」感 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 “間引き運転”で露呈した政治家たちの「わかってない」感

リアルな社会人の生活を理解してない

「リアルな社会人の生活を理解してない」

国や東京都の要請を受け、5月6日に首都圏で間引き運転を実施していたJR東日本は同日、7日の列車運行を通常の平日ダイヤに戻すと発表した。減便によってGW明けの6日朝は大混雑が発生するなど、全てが裏目に出ていた。

減便によって有給取得やテレワーク化を促進できると見込んだ政治家たちの読みが外れた格好だが、これにITジャーナリストの井上トシユキ氏は「リアルな社会人の仕事をまったく理解していない」と強く非難する。

【関連】首都圏JR、”間引き運転→通常ダイヤ”で「座れる」の声

【関連】GW明け、首都圏の間引き運転に「小池百合子の影響で大混雑」と乗客から不満の声相次ぐ

現場を知らない政治家の「実態にそぐわない対策」

井上氏は「ゴールデンウィーク中も仕事があったので外出する機会があったが、以前と変わらないほどの人がいた」と街中の印象を話す。

「菅首相や小池都知事は『ホワイトカラーならば、言えばテレワークにシフトする』という考えかもしれませんが、現場仕事を始めとするブルーカラーの人はそうもいきません」

井上氏の印象では、朝6~7時に電車で通勤する人の量はやや減っているかもしれないが、10時台にいたってはいつもより混んでいるという。「飲食などのサービス業、交代勤務の人は働き方が変えられないので、かえって普段より混んだ電車に乗っています」と首を傾げる。

それにも関わらず減便という政治判断に、不満を抱いているようだ。井上氏は、

「感覚的に捉えられていないと思います。私鉄を含む在来線はずっと混んでいて、乗客の荷物を見ていると現場仕事の方も多いと感じます。ところが、政治家が実態にそぐわない対策をしていることで、チグハグさを感じています」

井上氏の周囲にも完全にテレワークで仕事をこなす人がいるという。その人は商社のように、工場で製造した洋服の移動を指示する仕事をしており、普段はスマホを片手にインターネット経由で指示を送っている。

「ところが、指示を受けた運転手、荷さばき役の労働者は結局現場にいなければなりません」

管理側の仕事内容はテレワークに移行しやすくても、現場にはその指示を受ける人がいなければならない。「そうすると電車やバスに乗らねばならず、国に『来るな』と言われて来ないわけにはいきません」と労働者側の心情を解説した。

根底にあるのは「菅政権の場当たり的な政策発表」

では、どのような政治姿勢が望ましいのか。井上氏が指摘するのは、菅政権の場当たり的な政策発表のまずさだ。

「首相は根拠を示した上で『こう決めました』と公表すべきですが、菅首相の場合はいつもエビデンスに欠けると感じています。何かをお願いする時には、必ず根拠と期限を示した方がいいと思います」

その上で「例えば、現在は国内のワクチン普及にお金を使うので、それが終わるまで公的補助は待ってください――というように話せば、みんな納得すると思います」と語った。

こうした政策説明の下手さが目立っているため、国民も言うことを聞かなくなっている。井上氏は、

「JRからしたら乗客の安全を守ることが一番です。万一誰かが転倒し、ドミノ倒れになる可能性もあります。構内の安全を確保するためにも、通常ダイヤで走らせるのは当たり前ですよね」

と改めて話し、国や都の要請がいかに的外れなものだったかを強調した。

【PR】注目情報

関連記事

オンライン社員訪問で簡単に時給最低5,000円
年収UP確約転職

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

人気記事ランキング

  1. 「日本一給料が高い会社」キーエンスの実態 「年に4回のボーナス」「20代で年収1350万円」
  2. 「妊娠の順番を破ってすみません」勤務先の保育園に謝罪した投書が「闇すぎる」と話題 「うちも毎年二人までって決まってる」
  3. 東京で相次ぐ「コルク狩り」の背景 「ヤンキーにとってコルク半はステータス。よそ者がかぶっていると許せない」
  4. 東京五輪は「狂気の沙汰」と介護士が怒り「現場にワクチンが回ってこないのに五輪関係者が優先。神経を疑う」
  5. "ゆるい"会社に勤めている人 「鳴らない電話番しか仕事がない」「10時と3時にお茶の時間がある」
  6. 世界の小松製作所、職場環境も超ホワイト? 「子どもが小学3年生まで時短勤務」「出産・育児のハードルが低い」
  7. 30代から人生やり直せる? 女性ニートの悩みに「遅いなんてない」「今が一番若い」とエール殺到
  8. 「本当の美人」が人知れず抱える悩み 「接客業をすると必ず変な人に付きまとわれる」「男友達ができない」
  9. 36歳、年収1100万円が転職で半減、子どものお受験も断念 高学歴の外資エリートだった男性
  10. パチンコで“トータル3000万円は負けてる”という40代男性 「他に趣味がない。今は土日限定だけど月5~10万円は負けてる」

アーカイブ