コンビニからの「エロ本」撤去で議論 マツコ「エロ本みたいな週刊誌はどうするの?水着のお姉ちゃんが表紙の雑誌は?」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

コンビニからの「エロ本」撤去で議論 マツコ「エロ本みたいな週刊誌はどうするの?水着のお姉ちゃんが表紙の雑誌は?」

イオンが今年1月、グループの全店舗で成人誌の販売を中止した。子どもや女性、そして東京五輪で訪れる外国人への配慮が理由だという。

同グループにはコンビニチェーンのミニストップもある。ただ、いわゆる「18禁」はともかくとして、何を持って「不適切」とするかは線引きが難しい。マツコ・デラックスさんは2月5日、「5時に夢中!」(TOKYO MX)で

「半分エロ本みたいになっている週刊誌はどうするの?」
「コミックス誌でも水着のお姉ちゃんが表紙になっているじゃない。あれはどうなの?」

と疑問を投げかけた。

「表紙がエロくない週刊誌も『死ぬまでセックス』特集を組んでいる」

(c) Tokyo Metropolitan Television Broadcasting Corp.

(c) Tokyo Metropolitan Television Broadcasting Corp.

さらにマツコさんは、

「お姉ちゃんの裸が一切ダメとなると、コンビニに置いてある雑誌の相当数が置けなくなるよね。『フライデー』や『フラッシュ』、『ヤンマガ』、『プレイボーイ』だってそう」
「『週刊ポスト』や『週刊現代』も(表紙はエロくないけれど)『死ぬまでセックス』みたいな特集を組んでいる」

と発言。成人誌に比べれば、それほど露骨ではないとはいえ、フライデーや現代のような週刊誌にもグラビアは掲載されている。セックスに関する特集も多い。そうした雑誌は問題ないのか。区別が難しいのは確かだ。

共同通信の報道によると、イオンが販売を中止するのは「各都道府県が条例で18歳未満への販売を禁止した雑誌類」だという。あくまでも条例に則って線引きをしているようだ。

「お姉ちゃんが水着になっていないと雑誌に手を伸ばさないの?」

番組では、そもそも雑誌が売れなくなっているということにも話題が及んだ。

「雑誌が前ほど売れなくなってしまっているじゃない。昔はコンビニにとって雑誌はドル箱だった」
「前みたいに朝とりあえずコーヒーと雑誌を買う習慣もない」

成人誌を含め、雑誌の売り上げが落ちているからこそ、コンビニも規制に踏み切れたのかもしれない。マツコさんは雑誌の売り上げ低下を危惧しているらしく、「お姉ちゃんが水着になっていないと雑誌に手を伸ばさないの?」と男性スタッフたちに問いかけていた。

キャリコネであの有名企業の「働きがい」「年収」「残業」の実態を見る

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ