画家の4人に1人が「コロナで収入が減った」 それでも7割は「兼業をしながら創作を続ける」と回答 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

画家の4人に1人が「コロナで収入が減った」 それでも7割は「兼業をしながら創作を続ける」と回答

「絵を描くことは、自分らしくいられる時間」という声も

「絵を描くことは、自分らしくいられる時間」という声も

Casieは1月19日、「コロナ禍における全国の画家の現状」に関する調査結果を発表した。調査は1月上旬にネット上で実施し、画家452人から回答を得た。

新型コロナウイルスの影響で「画家としての収入が減った」と回答したのは25.5%だった。

「いま私達には描く責務がある」「人に直接会っての営業活動ができなくなった」

回答者からは、

「リアルでの個展が開催できなくなった」
「人に直接会っての営業活動ができなくなった」

といった声が寄せられた。一方で「増えた」と回答したのは18.1%だった。

「画家以外の収入源がある」と回答したのは90.1%。今後の活動について、7割の画家が「兼業など収入源を他に確保しながら創作活動を続ける」(73.5%)と答えた。

また「画家としての活動に専念し、続ける」(15.7%)という人も一定数いる。具体的には、

「産後5か月。絵を描くことは、自分らしくいられる時間」
「いま私達には描く責務がある」

といった意見が寄せられた。

一方、少数ながら「創作活動を続けたいが諦める方向も視野に考えている」(3.5%)という声もみられた。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

人気記事ランキング

  1. 新型コロナ終息後にやりたいこと、1位は「旅行」 「外食」「飲み会」なども上位にランクイン
  2. 「風呂掃除を毎日しないのは汚い?うちは週1~2回」に賛否  「正直引いてしまう」「自分は年2回くらい」
  3. インターフォンを鳴らす時間も惜しい? ブラックフライデーで配達員にかかる負担
  4. 川崎市で発生した"コルク狩り"とは?「かぶっていれば根性入っている奴と思われていた」
  5. 「友人宅でWi-Fi貸してと言ったら"お金払ってるの私なんだけど"とキレられた」と憤る声に反響
  6. 「データに基づきデジタル技術を利用した変革を」個別指導塾最大手「明光義塾」を運営する明光ネットワークジャパンがDXデータプラットフォームの構築を推進
  7. スタバ、新型コロナの影響でマグカップでの提供休止に 持参タンブラー、ステンレスフォーク・ナイフの使用も一時休止
  8. “一流大”でなくても大学は行ったほうがいい?「論理的思考力が身につくし、受験勉強から逃げない姿勢も社会で役に立つ」(40代男性)
  9. 義母「会う回数を減らしたいと嫁に泣かれた。嫌なことはしていない」に批判相次ぐ「我慢の限界を超えたんです」
  10. 6月は社会人の「家出」リスクが増加 「仕事の悩みが原因であることが多い。今年も増えている」と探偵事務所

アーカイブ