“布マスク”の正しい洗い方 洗剤と塩素系漂白剤を使用し、もみ洗いはしない | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

“布マスク”の正しい洗い方 洗剤と塩素系漂白剤を使用し、もみ洗いはしない

布マスクの洗い方って?

布マスクの洗い方って?

新型コロナウイルスの感染拡大防止対策として全世帯に再利用可能な布マスクが配布される。「1住所につき2枚配布」という内容が物議を醸しているが、ここで改めて布マスクの洗い方を確認したい。

花王の衛生科学情報特設サイトによると、マスクは咳やくしゃみなどによるウイルス拡散を防いだり、手に付着したウイルスが口や鼻に直接触れるのを防いだりするのに有効だという。

使い捨てマスク、銀イオン抗菌マスクの洗濯は非推奨

布マスクは適切に洗うことで複数回使用することができる。同サイトでは洗い方が紹介されており、まず衣料用洗剤を目安に従って水に溶かしたものにマスクを10分ひたし、水道水でためすすぎをした後、水気を切る。

その後、塩素系漂白剤15ミリリットルを水1リットルに溶かしてマスクを10分浸し、水道水で充分にすすぐ。最後に清潔なタオルに挟んで水分を吸わせ、形を整えて干す。

その際、炊事用手袋を使用し、他人のマスクと一緒に洗わないようにする。洗濯に使用した洗剤や水にはウイルスが含まれている可能性があるため、流す際は飛び跳ねないよう注意する必要がある。またマスクの繊維をいためる可能性があるためもみ洗いはしない。洗濯後は充分に手を洗う。

使い捨てマスクは洗濯するとウイルスをキャッチする性能が低下するので、洗わないほうがよいという。また銀イオンなどで抗菌を訴求しているマスクにはこの洗い方は適さないため、事前に洗濯表示の確認したほうがいいだろう。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ