どうすればいい? 「女性優遇の人事制度」に納得いかない男性たち | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

どうすればいい? 「女性優遇の人事制度」に納得いかない男性たち

腕組みする男性の画像

画像はイメージ

日本はジェンダーギャップ指数が120位と、先進国中最下位となっている。女性管理職比率を上げるなど「女性の活躍推進」が課題となっているが、男性も男性で複雑な思いを抱くことがあるようだ。

キャリコネニュースが「自分の性別がマイナスになっていると感じたこと」をアンケートで訊ねたところ、長崎県の40代前半男性(企画・マーケティング・経営・管理職/正社員/年収1100万円)が、会社の人事方針に異論があるとする回答を寄せた。

キャリコネニュースではジェンダーギャップをテーマにしたアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/ZYVZFJ4M

「管理職推薦があからさまに女性に偏って行われている」というが……

「ダイバーシティ促進のためと銘打って女性優遇が行われている」と切り出し、

「たとえば、女性管理職割合を増やすため、管理職推薦があからさまに女性に偏って行われている。また、女性比率維持のため、部署異動も女性優遇」

「男性はどんどんやる気を無くしている。女性優遇の人事制度も多くあることが、女尊男卑に拍車をかけている」

と不満を募らせていた。

また、京都府の60代前半男性(企画・マーケティング・経営・管理職/正社員/年収700万円)は、

「男女雇用均等が叫ばれてはいるが、昇格の機会に評価が拮抗した場合に、何故か女性を優先的に昇格させる、という誤った風潮があった」

と回答している。

「誤った風潮」かどうかは置いておいて、性別や人種で差別されてきた人を救済する「アファーマティブ・アクション」は度々議論になる。あからさまに女性を優遇すれば、納得いかないという反発も出てくるだろう。上手い落とし所はないのだろうか。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ