世帯年収1400万円の30代男性「晩酌は第3のビール。正直、すごく地味な生活。小遣いも月3万円」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

世帯年収1400万円の30代男性「晩酌は第3のビール。正直、すごく地味な生活。小遣いも月3万円」

晩酌は第3のビール

晩酌は第3のビール

世の中には、年収1000万円の大台を突き抜けていながら、慎ましやかな生活を送る人もお多い。神奈川県に住む、世帯年収1400万円の50代男性(会社役員)もその1人。夫婦共働きで男性が年収1000万円、妻が年収400万円、子どもが1人いる。

「現時点では、収支に対する不安はありませんが、将来を考えると散財はできません。年金額を計算したら、今の収支状況に危機を感じ、妻の収入は全額貯金しています。子どもは中学校から市立に変えましたが、塾代も合わせると年間150万円ほどかかります」

男性は勤務先の将来性を危惧しており「非上場企業なので、いつまで働けるのだろうか……」ともらしつつ、総じて「今の生活で裕福に感じたことはありません」と結んでいる。

同じく神奈川県在住の30代男性(商社系)も、ダブルインカムで世帯年収1400万円。男性は転職を経て一気に年収がアップした。それまでは「漠然と年収1000万円に憧れのようなものを抱いていました」と振り返り、現状について打ち明けている。(文:鹿賀大資)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「これが独身なら、もっと日々の生活に変化を感じていたでしょう」

夫婦それぞれの現在の年収は、男性が1100万円、契約社員の妻が300万円だ。男性は前職でエンジニアをしており、当時の年収は500万円以下だったという。転職で倍以上の年収アップに成功した勝ち組だが、「正直、すごく地味な生活」と続ける。

「これが独身なら、もっと日々の生活に変化を感じていたでしょう。でも子育て世代にとっては、あまり裕福とは言い難いのが実情ではないかと。収入が増えても、小遣いは昔と変わらず月3万円ですから。それに昔より晩酌のビールのグレードは下がり、今は第3のビールになりましたし」

ちなみに家計は妻が管理しており、増えた収入の大半が「子どもの養育費と貯蓄に回っています」とこぼしている。また外食は、たまに仕事の出先で1000円以下のランチをする程度で、朝と夜は「基本的に家で食べています」とも付け加えていた。

「イオン系列の安いスーパーで、5%オフの日にまとめ買いする」

ほかには、

「子どもが1人います。まあ生活には満足していますが、贅沢はできていません。イオン系列の安いスーパーで、5%オフの日にまとめ買いするなどの工夫をしています」(50代既婚男性/金融・保険系/世帯年収1200万円)
「結婚が遅く子ども2人もまだ小さいので、将来の教育費をつみたてNISAや投資信託でためています。外食では株主優待を使うなど、現金はあまり使わないように工夫しています」(40代既婚女性/兵庫県/サービス系/世帯年収1300万円)

といった声も寄せられた。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」自分の性別がマイナスになっていると感じたことなどのアンケートを募集しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収1300万円、30代男性の生活「持ち家を購入して以来、昼は弁当持参。週末の外食も1人1000円以下」
世帯年収400~600万円の生活「スーパーで半額惣菜、見切り品のお肉や野菜しか買えません」

【PR】注目情報

関連記事

オンライン社員訪問で簡単に時給最低5,000円
年収UP確約転職

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ