年収1000万円超だけど激務! 30代男性「残業は月200時間に迫る勢い。基本的に昼食は取れない」

たくさん稼げてはいるけれど……

たくさん稼げてはいるけれど……

年収1000万円の大台──。到達したのも束の間、激務の日々に苦しんだという人も中にはいるだろう。

IT・通信系の会社に勤務する東京都の30代男性もその一人だ。男性は「年収1000万になったものの、残業は月200時間に迫る勢い」と日々の激務について語る。

「次から次へと問い合わせの対応をしなければならず、基本的に昼食は取れない。家族との時間もほとんどなく、呆れられている」

男性のように高給取りで激務を伴う人は少なくない。年収1000万円以上の男性が語る「激務事情」について紹介する。(文:鹿賀大資)

「都内の平均来患数の約2.5倍の患者を1人で診察していた」