タナベ経営の平均給与はいくら? これだけもらえる優良企業

これだけもらえる優良企業の社員

これだけもらえる優良企業の社員

上場企業の財務諸表から待遇を探る「これだけもらえる優良企業」シリーズ。今回は、独立系コンサルタント会社の草分けであるタナベ経営(大阪市)を取り上げます。

タナベ経営の平均年収は715万円

最新データ(2020年3月期)によると、タナベ経営社員の平均年間給与は715万4818円。ここ数期は右肩上がりに増えており、700万円台に乗っています。

  • 2016年3月期:678万1254円
  • 2017年3月期:692万5657円
  • 2018年3月期:692万7566円
  • 2019年3月期:695万0416円
  • 2020年3月期:715万4818円

この額には、賞与や基準外賃金(手当など)も含まれています。

企業口コミサイト「キャリコネ」への投稿によると、20代後半の男性経営コンサルタントの年収は700万円。「結果が給料や賞与に反映される仕組みなので、やったらやった分だけちゃんともらえます」とのこと。

会社の中途採用サイトによると、半期ごとの年俸制で「想定年収420万円~660万円」「個人差あるが入社後1-3年をめどに550万~1000万超となります」ということです。

タナベ経営は、リーマンショック後の2011年3月期から10期連続の増収増益を果たしており、2020年3月期には売上高93億9400万円、営業利益9億8800万円をあげています。

2021年3月期の通期業績予想は、売上高は前期並みとなるものの、営業利益は前期比29.1%減となる見込みです。コロナ禍の影響で、経営コンサルティングや研修の延期や月単位の休止が発生したためです。

タナベ経営社員の平均年齢は38歳

次に、従業員数と平均年齢、平均勤続年数(ともに単体)を見てみましょう。

タナベ経営社員の平均年齢は38.0歳。年功序列の会社ですと、30代のうちに700万円をもらえる人が多いということになりますが、コンサルティング会社の場合は年俸制なので必ずしもそうとはいえません。

  • 2016年3月期:293人(38.8歳・10.9年)
  • 2017年3月期:309人(38.4歳・10.4年)
  • 2018年3月期:327人(38.2歳・9.9年)
  • 2019年3月期:356人(37.8歳・9.0年)
  • 2020年3月期:368人(38.0歳・9.2年)

このデータはタナベ経営単体のものですが、2020年3月期のグループ全体(連結)の従業員数は389人なので、本体とほぼ変わりません。

タナベ経営の事業セグメントは「経営コンサルティング事業」と「SP(セールスプロモーション)コンサルティング事業」の2つ。2020年3月期は、売上高の59.3%、営業利益の89.7%を経営コンサルティング事業が占めています。

経営コンサルティング事業は、ビジネスコンサル・戦略・M&Aなどの「経営コンサルティング」、オーダーメイド研修などの「人材開発コンサルティング」、デジタルマーケティングの「デジタルコンサルティング」で構成されています。

全国主要10都市に事業所展開

タナベ経営の主要顧客は、売上高50億~1000億円規模の中堅企業。戦略策定(上流)から実行支援(下流)まで幅広くカバーしているので、比較的競合企業が少ないということです。

売上高の50%が長期契約型サービスと安定的な収益基盤を有しており、全国主要10都市に地域密着の事業所を展開しています。

企業の採用サイトには「経営コンサルタント」「マーケティングコンサルタント」の求人があり、ヘルスケア業界出身者、住宅・建設業界出身者、食品業界出身者などの実務経験者を募集しています。

地方都市に在住しながら、コンサルティング業界へのキャリアチェンジで安定的な収入を得たい人には、魅力的な転職の選択肢となるかもしれません。

—–

元事業再生コンサルタントがキャリア支援します。