世帯年収2000万円台の生活「家は3000万円の安いマンション。車はドイツ車」「首都圏で子ども3人だと普通の暮らししかできない」

「贅沢とは程遠い」という声

「贅沢とは程遠い」という声

収入にまつわる旬の話題といえば、この時期恒例のプロ野球選手の契約更改だ。推定年俸億超えの報道が続出する傾向にある。そこまでの額には及ばなくとも、一般の社会人で年収2000万円ともなれば“別格”と言って差し支えないだろう。しかし首都圏在住のキャリコネニュース読者からは、

「夫と子ども2人の4人家族で、世帯年収2500万円です。いざ出費が必要となった時は、特に躊躇することなくお金を出せます。でも普段の生活感は、平均世帯年収プラスアルファ程度です。生まれつきの貧乏性で、年収なりの生活ができていません」(40代女性/東京都/メーカー系)

という慎ましやかな声もあった。世帯年収2000万円の40代女性も「首都圏在住で子どもが3人いると、贅沢とは程遠い普通の暮らししかできません」と語る。今回はこの女性の投稿を中心に、首都圏で質素な生活をする世帯年収2000万円台の人たちの声を見ていこう。(文:鹿賀大資)

「外食といってもガストやマクドナルドなど低価格帯の店ばかりだが、特に不満はない」