年収1200万円の30代男性、国会議員に怒り「汗水たらしたお金が私腹を肥やす政治屋に入ると思うと許せない」

「給与体系や汚職等の見直しをしてほしい」という声

「給与体系や汚職等の見直しをしてほしい」という声

毎月の給与明細を見るたび、社会保険料や税金を多く差し引かれていることに不満を覚えている人は多いのではないだろうか。自分たちが必死で働いて得られた給料なのに、多額の税金を控除されてしまうのだから、怒りたくなるのも当然だ。

今回はある30代男性キャリコネニュース読者の声を紹介する。男性は過去に年収300万円台の時があったが、今は1200万円。4倍の収入を得るようになった。その生活ぶりの変化と、高い税金に対する怒りを感じている。(文:林加奈)

「『年金の支払いは国民の義務』と言われた。いつからそうなったのか」