世帯年収1300万円、30代男性の生活「持ち家を購入して以来、昼は弁当持参。週末の外食も1人1000円以下」

「持ち家を購入して以来、昼は弁当持参」

「持ち家を購入して以来、昼は弁当持参」

同じ年収帯でも年代や同居状況、住む地域などで幸福度や生活満足度は変わるため、一緒くたにはできない。キャリコネニュースに寄せられる世帯年収1200~1400万円の人たちの声を見ても、暮らしに対する感じ方はさまざまだ。

埼玉県の50代女性(流通・小売系/世帯年収1300万円)は、「基本的に食事は作らず、デパ地下の惣菜を買うか外食。旅行は毎月、新幹線はグランクラス。子どもが独立し、夫と2人なので」と明かす。

同じく埼玉県に住む40代男性も世帯年収1300万円(IT・通信系)だが、

「駅近の持ち家マンションで夫婦2人暮らし。スーパーで買い物をする程度なら、あまり金額は気にしません。だからといって『すごく裕福』というほどではないかな」

とコメントしており、感じ方の違いは明らかだ。(文:鹿賀大資)

夫は年収800万、自身は年収400万円の週4契約社員