大学職員を1週間で辞めた20代男性「何も仕事がなく、1枚のプリントを4時間かけて読んで1日が終わった」

仕事がないのもつらい

仕事がないのもつらい

仕事を短期間で辞めてしまう人の傾向として、その職場の劣悪な環境や人間関係などから「初日に見切りをつける」というケースは少なくない。

キャリコネニュース読者からも「エアコンの掃除会社を1日で辞めた。初日からノンストップで12件も回らされ、もちろん昼飯も食べられなかった。しかも1日分の給料さえ支給されていない」(60代男性/福岡県)といった声が寄せられている。

かつて飲食店を1日で退職した福島県の40代女性は「実質、初日研修の2時間だけです」と切り出し、

「研修後にわたされた今後のシフトを見ると、閉店時間まで組まれていました。幼稚園と小学校の子どもがいたから、事前にランチタイムを希望していたのに……。主人にも『子どもがいるのにふざけるな』と怒鳴られ、即効で辞めました」

とコメント。栃木県の20代男性も初日に感じた職場の見え隠れする怪しげな雰囲気に、結局のところ1週間しか持たなかったと綴る一人だ。(文:鹿賀大資)

「1枚のプリントを渡され、『これ読んでいて』と言われるだけ」