年収500万円台の30代男性「年収が上がっても激務になるなら現状を維持したい」

「保険貧乏」に嘆く声も

「保険貧乏」に嘆く声も

「給料は多ければ多いほどよい」と考える人は多いのではないだろうか。給料が増えれば欲しい物を買ったり、貯金に回したりできるからだ。しかし東京都に住む30代男性(IT系/年収550万円)は、

「年収が上がっても激務になるなら現状を維持したい」

と語る。男性は中古分譲マンションで1人暮らしをしており、「贅沢をしなければ年間150万円は貯金できているので、満足です」と続けた。今回は年収400万円から600万円の人たちのリアルな声に迫る。(文:中島雄太)

「友人との金銭面での差を感じることが増えてきた」