「男はもっと可愛い服が好きだよ」と同僚の30代女性にアドバイスした男性に厳しい声

「職場のセクシャルハラスメント防止」

「職場のセクシャルハラスメント防止」

セクシャルハラスメントは単純に言うと性的嫌がらせのことだが、直接触るなどしなくても、立派なセクハラとして糾弾されることがある。掲示板ミクルに2月中旬、「セクハラを指摘されたが具体的に何が悪かったのか」という職場の悩みが寄せられた。スレ主は30代の男性で、同期で30代の女性に対し、

「◯◯さんの服は、男が怖がる服装だね。男はもっと、20代女性さんみたいな可愛い方が好きだよ。旦那さんも喜ぶから、もっと若い服も着てみたら」

とアドバイスしたという。相手は、そのときは「ミニスカートはいてツインテールで出社しますよ」と笑っていたが、後日スレ主は上司経由でセクハラを指摘されたという。しかし、「具体的にどれが良くなかったのかわかりません」として、問題点を「男が怖がる服装」「20代女性と比較したから?」「若い服をすすめた」の3つに分け、どれがセクハラにあたるのか問いかけた。(文:okei)

「女性は男性を喜ばせるために存在してる訳じゃない」