「ボロボロの職場。トイレも和式でホコリだらけでした」仕事を即効で辞めた理由

劣悪な労働環境で早々に退職

劣悪な労働環境で早々に退職

世の中には知られざる過酷な仕事が存在する。入社前から心の準備ができていればいいが、そうでなければ面食らうことになるだろう。兵庫県の50代女性(個人事業主/その他/年収500万円)は、コロナ関連給付金の支給事務を1か月半で辞めた。女性は、

「ボロボロの会館が職場。パイプ椅子に長机という急あつらえの環境だった。トイレも和式でホコリだらけ」

と劣悪な労働環境を明かした。今回は、キャリコネニュース読者から寄せられた「想定外に過酷すぎて早々に退職したエピソード」を紹介する。(文:大渕ともみ)

【早すぎ!? 仕事を即効で辞めたエピソード】最新記事はこちらから

グミの検査の仕事「飴だらけの木製プレートの掃除が大変で次の日起き上がれないほど」