ソシャゲで200万円散財した30代女性「コロナで収入減っても月2万円課金。ゲームありきの日常生活です」

課金地獄に苦しむソシャゲ廃人

課金地獄に苦しむソシャゲ廃人

長引く自粛生活で、インドアの趣味を充実させている人は多い。なかには、暇つぶしで「ソーシャルゲーム」を始めた人もいるのでは。とはいえ、ソーシャルゲームは課金地獄に苦しむ中毒性を秘めているので注意が必要だ。

都内在住の30代女性(サービス系/年収200万円台)がのめり込んだのは、RPGのソーシャルゲーム「ドラゴンエッグ」。課金総額は約200万円と、自身の年収に匹敵する。そんな女性だがコロナ禍で予想外の減収を食らい、「これまで課金してきた金額のせめて半分だけでも残しておけばよかった」と裏目に出てしまった。

引き続きこの女性の投稿を紹介しながら、キャリコネニュース読者から寄せられた「ほかのソシャゲ廃人」の声を見ていこう。(文:鹿賀大資)

「月2万円くらいは課金してしまっています」