パチンコをやめられない30代男性「給料を全部すっても、お金が入るとまた行ってしまう。仕事にも影響出て苦しい」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

パチンコをやめられない30代男性「給料を全部すっても、お金が入るとまた行ってしまう。仕事にも影響出て苦しい」

ギャンブル依存から抜け出せないワケとは…

ギャンブル依存から抜け出せないワケとは…

人はなぜ、ギャンブルをやめられないのか。やめたくても深みから抜け出せない人もいれば、端からやめるつもりがない人もいる。50代男性は「パチンコ・パチスロをやめたいと思ったことはない」と後者だ。キャリコネニュースに

「パチンコ・パチスロは負けるもの。でないと胴元が潰れてしまう。遊園地に行ったと思えば安いもの。もしかしたら入場料が返ってくるかも」(メーカー系/年収600万円)

と持論を明かす。男性の言う入場料の件は、あくまで勝った時の“たられば”の話だ。負ければ当然、損をすることになる。しかしそうと分かっていても、ギャンブルをやめられない人は多い。(文:鹿賀大資)

「自己責任と分かっているが、国が全面禁止にしてくれたらと思う」

40代男性は、IT・通信系の会社で年収400万円を。パチンコ歴は22年。今までに投じた額は年収の倍を軽く超える1000万円だ。毎日のパチンコ通いは、仕事後のルーティンと化しており「金と時間の浪費が酷い」と嘆く。また手持ちを使い切った時は「やめたくなる」と述べつつ、「勝った時の快感が忘れられない」という。

「自己責任と分かっているが、国が全面禁止にしてくれたらと思う」

フリーランスの30代男性(年収100万円未満)は、「もう15年ほどパチンコにのめり込んでいます」といい、「仕事にも影響が出て長続きしません。苦しいです」という。パチンコに使った総額は約1000万円にのぼる。

「給料日に朝から打ちに行って、その1日で給料を全部すったことも。さすがにその時は、やめたいと思いました。でもまた少し経ってお金が入ると、打ちに行ってしまいます」

年収450万円の50代男性は、パチンコ歴35年のキャリアだけあって、注ぎ込んだ総額も2~3000万円と前述の読者たちとは一線を画す。ところが、

「大負けした時は、やめたいと思います。でも中々やめられずに困っています。やめようと思っても、お金が入ったり勝ったりすると気が変わってしまい……。結局はまたやってしまいます」

とコメントしており、やめられない理由に大差は見られない。

「20代から1億は使ってると思う」年収250万円の50代男性

年収250万円の50代男性は、幅広いジャンルでギャンブルを繰り返す。かつてはパチンコとパチスロを主戦場としていたが、「ほぼ負け続けている」という。それ故かギャンブル総額も「20代から1億は使ってると思う」と段違いだ。直近のギャンブル状況について、

「ここ4か月は競輪で30万以上の出費。競輪から抜け出せず、月に5~10万は使ってしまう。勝った時の感動が、やめられない原因」

ほかには、

「今は、たまにゲームセンターで好きなコンテンツの台を打つ程度。昔は中々の額を突っ込んでいました。額は不明ですが」(30代男性/フリーランス /年収300万円)

とギャンブル中毒から抜け出せたという声も寄せられた。

※キャリコネニュースでは引き続き「パチンコなどギャンブルがやめられない人」【募集】仕事を即行で辞めた人に関するアンケートを募集しています。

—–

【あわせて読みたい】
パチンコ歴50年、6000万円勝ったという男性「打ち子を組織化して毎日80万円ほどの収入を得ていました」
「店長呼んでこい!」パチンコ店で出会った”すごい客” 「嘘だったらテメーの命(タマ)とるぞ」
パチンコで計1000万円勝った20代男性「貧困家庭の実家を支えるために始めた。勝つために打つのやめたい」

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ