女性部下のマネジメント、上司は”察してちゃん”ではダメ 月に1回1時間ではなく1日5分のコミュニケーション機会を設けよう

信頼関係を構築するには

信頼関係を構築するには

“女性35歳限界説”という言葉を聞いたことがありますか? 女性は35歳を機に転職成功率が下がる、という転職市場での定説です。特に未経験の業職種だと難しいと言われています。企業側としては、仕事の進め方や給与などの兼ね合いから、他の企業の色に染まっていない20代の人材を求めるケースが多いからです。

ただ最近では、この通説を打ち破るようなデータや動向も出ており、転職の常識に変化の兆しが見えはじめています。とは言うものの「女性の身体」という物理的な問題はまた別の話です。

仕事、結婚などのあらゆる物事の中で、唯一タイムリミットがあるのが出産です。35歳以上の初産婦は高齢出産となります。最近では医療の発達もあり、40歳を超えて出産する女性もいますが、やはりリスクも大きくなります。だからこそ”35歳”というのは、女性においての一つの節目であるということは事実です。

でも、人生100年時代。そう考えると、女性を年齢で区切り、能力を過小評価したり、マネジメントを放棄したりするのは間違いではないでしょうか。「女性と共に働く」とはどういうことか、女性のマネジメントについてお伝えします。(文:株式会社ニット 広報 小澤美佳)

ポイントは「コミュニケーション頻度」「女性特有の体調不良に配慮」