ギャンブルがやめられない人々の声「パチンコと競馬に総額3000万円以上。生活費以外はすべて軍資金につぎ込んでいました」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

ギャンブルがやめられない人々の声「パチンコと競馬に総額3000万円以上。生活費以外はすべて軍資金につぎ込んでいました」

パチンコやめたくても、やめられない

パチンコやめたくても、やめられない

負けると分かってはいても、勝てる可能性がゼロではないギャンブルの世界──。それがギャンブルの魅力であり、醍醐味でもあり、延いてはやめられない原因でもあるのだろう。キャリコネニュース読者からは、

「始めた頃は勝ったり負けたりだった。でもそこからは負けが込む日々。結局のところ、ギャンブルでかなりの金額を失った。仕事に専念し、順調だったあの頃、大きなケガが災いした。一時は深刻に悩んだ時期もあったが、今は暇潰しとストレス解消でやっている」(50代男性/個人事業主/年収800万円)

という声が寄せられている。(文:鹿賀大資)

「ついパチスロで憂さ晴らしをしてしまいます」

サービス系の会社で契約社員をする40代男性(年収350万円)は、パチスロ歴22年。若い頃から収入が少ないこともあり「30代になるまで、給料の半分以上を使っていました」という。

「大負けした時は『やめよう』と思います。でもストレスが溜まったり、悩みがあったりすると、ついパチスロで憂さ晴らしをしてしまいます」

ちなみに、今までに投じた総額については「不明です」とのことだ。

50代女性は現在、フリーランスとして年収200万円。パチンコと競馬にのめり込んで25年、その間に使った総額は「3000万円以上です」と明かす。当初は夜の仕事をしており、「そのストレス解消で始めました」と続ける。

「当時の月収は200万円以上。でも普通の生活費以外は、全部ギャンブルにつぎ込んでいました。その後はナイト系も卒業し、しばらくはギャンブルも断っていまいた。でも最近、またワクワク感が出てきてしまい、勝った時のお金で美味しい物を食べに行きたいのもあって……」

なお現在は、以前より軍資金が使えない事情もあり「打ちに行っても1万円しか使わないようにしています」と書いている。

「結婚するまで、夫がパチンコ好きとはまったく知りませんでした」

「私ではありません」と語るのは、商社系の会社に勤務する30代女性(年収400万円)だ。女性は昨年、結婚したばかりの新婚夫婦。「夫の趣味がパチンコ。休日の半分はパチンコ店に行っています。実は結婚するまで、夫がパチンコ好きとはまったく知りませんでした」という。

「私はギャンブラーが苦手のため、今後が不安で仕方ないです。結婚生活についても、やはり少し考えてしまいます。お小遣いの範囲であれば、別にギャンブルが悪いとは思いませんけど……」

そう語る女性だが「夫とは別財布なので」といい、「何か良い対策があれば教えてもらいです」と呼びかけている。とりあえず今は「現状を死守せよ」といったところではないだろうか。

※キャリコネニュースでは引き続き「パチンコなどギャンブルがやめられない人」「男だから」「女だから」自分の性別がマイナスになっていると感じたことなどのアンケートを実施しています。

—–

【あわせて読みたい】
パチンコで「私だけ当たらない」とイカサマ疑う女性
パチンコをやめられない年収1000万円20代男性「休日の時間の潰し方をパチンコではなく、何か別のものにしたい」

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ