Amazon「お坊さん便」が依然として物議 利用者にとって一番大事なことは何なのか

「お坊さん便」知ってますか?

「お坊さん便」知ってますか?

Amazonが昨年12月から僧侶手配サービス「お坊さん便」という、かつてない新サービスを開始している。

普段からお寺と関与がない、あるいはどのお寺の檀家でもないという人にも、分け隔てなく僧侶を派遣するというのがこのサービスの趣旨だ。費用は3万5000円からと、大分お手頃になっている。

これまで、どのお寺でも葬儀、戒名、法要などでの「お布施」は定額で提示してこなかった。あくまでも見返りは「お気持ちで……」という形態をとっている。しかし、お布施の額は地域やお寺によっても差があり、それだけではお寺を存続させていくことができないところもある。(文:松本ミゾレ)

「お坊さん便」に登録している僧侶の中には、少しでも生活の足しになること、あるいは仏の道をこれまでよりももっと多くの人々に説教をしたいと考えている者が多いようだ。

「お坊さん便」を目の敵にする僧侶は欲深い?