保育園に続いて「就活落ちた日本死ね」ブログが登場 「見事に面接10連敗だわ。俺活躍出来ねえじゃねえか」

少し前、はてな匿名ダイアリーに「保育園落ちた日本死ね」という投稿がなされ、これが国会でも取り上げられた。「遅かれ早かれ、この投稿はパロディにされるだろうな」と予感していたら、本当にパロディになっていた。今度は「就活落ちた日本死ね」である。5月頭に投稿されたものだ。

冒頭では以前投話題になったものと同じように、「何なんだよ日本。一億総活躍社会じゃねえのかよ。見事に面接10連敗だわ。どうすんだよ俺活躍出来ねえじゃねえか」という書き出しになっていて、不謹慎だけどちょっと面白い。(文:松本ミゾレ)

「就活=嘘つき合戦 こんなことやってる国が経済発展なんて無理でしょ」

「就活落ちた日本死ね」ブログが話題

「就活落ちた日本死ね」ブログが話題

元の「保育園落ちた日本死ね」を巧妙にリスペクトしつつ、随所に投稿者の就活苦労話が盛り込まれているのが特徴だ。2017年度卒の就職活動期間は、3月に広報活動が解禁となり、選考開始は6月となった。そのため、

「たった3ヶ月で自分の働く企業を選べなんて無理があるのに、情報解禁とほぼ同時に選考始められたらどうすりゃいいんだよ。説明会と選考の日程が被りまくって、会社を見て回る時間なんて全く無えわ」

と嘆く。さらに「就活=嘘つき合戦 こんなことやってる国が経済発展なんて無理でしょ。日本なんてさっさと沈め死ね」と憤っている。読んでいると「本気で鬱憤が溜まっていたんだろうな」と、つい同情してしまう。