【悲報】約8割の社会人が時間ができたら「寝たい」と回答 時間短縮したいこと1位は「資料・企画書作り」

電子機器開発事業を展開するワコムは1月16日、20代から40代の363人の社会人を対象に「時間」に関する調査結果を発表した。

その結果、約9割の87.3%が「時間が足りない(もっと欲しい)と思うことがある」と回答していることがわかった。

8割が「時間が無くて後回しにすることがある」と回答