「就活面接で帰らされた」「オネェキャラを求められる」 LGBTの当事者がそれぞれが抱える困難

JobRainbowは、LGBTでも安心して働ける社会を作るため、企業の口コミサイト「JobRainbow」や求人広告サイト「ichoose」を運営している。同社で、セールスマネージャーを務める田中優さん(20代・仮名)は、女性として生まれたものの、性自認は男性のいわゆるFTM(Female To Male)。普段は大手企業の営業として働いているという。

早稲田大学4年生でLGBTQ(※1)の当事者である高橋洋輝さん(22)は、JobRainbowでインターンとして働く。企業への営業やインタビュー、イベントの開催などいろいろなことに携わってきた。

LGBTと一口にいっても、同性愛者や両性愛者、トランスジェンダーで状況は違う。今回は、田中さんと高橋さんに、それぞれどういったことに苦労しているのか、どのような思いでJobRainbowに参加しているのかを聞いた。

「取引先に行ったとき、声が高いので『君、どっちなの』と戸惑われることがあります」