都議選惨敗の「ブラック企業経営者」が負け惜しみ 「型にはまらないと中高年に支持されない」

選挙期間中は朝から晩まで選挙カーに乗っていた。

選挙期間中は朝から晩まで選挙カーに乗っていた。

「ブラック企業」を自称するIT企業・セブンコードの代表取締役である濱野秀昭氏(36)が7月2日に行われた東京都議会議員選挙に落選した。濱野氏は長時間労働の規制には反対、喫煙者の健康保険料を値上げする、といった政策を掲げて新宿区から出馬していた。

同区では、定数4に対して7人が出馬。都民フ、共産、公明、自民の候補が当選し、自民のもう1人の議員と民進の候補が落選した。無所属で出馬していた濱野氏も1971票であえなく落選。残念ながら最も得票数が少なく、供託金の60万円も没収されることとなった。

敗因はどこにあるのか。今後も政治に挑戦し続けるのか。3日、本人に話を聞いた。

得票数1971票で惨敗するも「主張や政策を変えるつもりはない」