もやし安すぎ問題、未だ解決せず スーパーで投げ売り状態、生産者のみならず原料豆の卸売り業者も廃業

もやし生産者が依然として厳しい状況に立たされている。東京商工リサーチが9月26日に明らかにしたところによると、もやし原料豆等の卸売りを手掛ける大西商事(兵庫県)が13日までに倒産した。

同社はピーク時の1991年6月期には売上高約7億円を計上していたが、近年は年間売上高3億円で推移。豆の価格高騰もあり、今年4月には事業を停止していた。

もやしの販売価格はこの40年ほぼ変わっていない。生産者はコスト削減に励んできたが、生産者や関連企業で作る工業組合もやし生産者協会は「これ以上の経費削減への努力はすでに限界を超え、健全な経営ができていない状況」にあるとし、今年3月、サイト上に「もやし生産者の窮状について」という文書を掲載していた。

同協会の担当者は、「今回の卸売り業者の倒産は、こうしたもやし生産者を取り巻く状況と関連があるのではないか」との見方を示している。

スーパーでは激安もやしが「客寄せ」に使われているケースも