会社から「働き方改革」を丸投げされる管理職 「サポートが十分にある」は8.1%のみ

ファザーリングジャパンは10月末、「管理職の本音(ボスジレンマ)調査」の結果を発表した。中間管理職の働き方改革推進についての意識と課題を明らかとすることが目的。

その結果、働き方改革を進めるにあたって「会社からのサポートが十分にある」と回答した管理職は8.1%にとどまり、会社から丸投げ状態であることがわかった。

9割が「会社からのサポートが不十分」 マネジメント研修を望む声も