「危険、きつい、帰れない」? 人手不足に拍車がかかる運送業界の労働実態まとめ

Amazon等のインターネット通販サービスの普及が進み、私たちの生活は随分と便利になった。今や即日発送も当たり前。一方で、数百億円規模と言われるヤマト運輸の残業代未払いが明るみに出たかと思えば、そのヤマトがAmazonの当日配送から撤退し、Amazonでの注文品が指定日時に届かない事態が多発するなど、運送業を巡っては何かとネガティブな話題が絶えない。

“危険、きつい、帰れない”の新3Kとも揶揄される運送業のブラックな労働実態とは、どのようなものなのだろうか。

本来ドライバーの仕事でない「荷物の積み下ろし」が長時間労働の原因に