実録!商談・打合せ中のトラブル談 「得意先のチャック全開、指摘すべきか」「新人が激マズかつ不思議な香りのコーヒーをいれる」

キャリアデザインセンターは12月7日、「商談・打合せ中の珍トラブル」に関するアンケート結果を発表した。調査は今年10月にインターネットで実施し、20~60代の男女140人から回答を得た。

商談や打ち合わせの最中に、何かしらのトラブルに見舞われたことがあると回答した人は67.1%で、3人に1人は経験している計算だ。「商談相手に関するトラブル」を聞くと、営業の30歳男性は、「得意先2人を相手にしたとき、2人ともチャックが開いていたことがあります」という。

「指摘すべきか迷った末、結局言わずに話し合いは終わりました。彼らはいつチャックが開いていたことに気付いたのでしょう……はっきり言うべきだったのかなぁと今でも悩みます」

また企画・マーケティング職の40代男性は商談中、相手の眉付近に大きなほくろが目に入り、

「『仏様みたいで縁起がいいですね』といったら、よく見たら大きな鼻くそが顔についているだけだった」

という気まずい思いをした。当時を振り返り、「眼鏡をかけていればよかった」と未だに後悔している。

「椅子が壊れたことを言いだせず、会議中ずっと空気イス」