新人アニメーターの平均年収は110万で1日11時間労働 アニメ業界のブラックすぎる実態まとめ

『君の名は。』『この世界の片隅に』などのヒット作に恵まれ、アニメ業界の市場規模は約2兆円。一方でアニメの制作現場は、長年劣悪な労働環境に置かれている。

NHKのテレビ番組『クローズアップ現代+』でも特集が組まれ、以下のような過酷な現状が紹介された。

・新人アニメーターの平均年収は約110万円(業界全体でも約333万円)
・1日の平均労働時間は11時間。月間の休日は平均4日
・イラスト1枚の単価は約200円

実は、アニメーターの多くはフリーランス(個人事業主)として働く。出来高制で描いた原画分の収入のみを受け取る構造になっているのだ。

アニメ制作の際はテレビ局、出版社、広告代理店などからなる”製作委員会”が発足されるが、グッズ販売等による収益は、すべて製作委員会に出資した企業の元に入る。どれほどヒットしようと、アニメーターの報酬額は変わらない。

【→詳しく見る】

ジブリ新人スタッフ「給料が安すぎる」と海外から批判相次ぐ